キャビテーションのデメリット エステじゃないとダメな理由

エステでは、新しい痩身法として、キャビテーションを使った方法を多く宣伝しています。
メリットが多いキャビテーションですが、デメリットもチェックしておきましょう。
それは、キャビテーションによって、乳化された脂肪の動向です。
脂肪吸引なら、吸い取ってしまうことで確かになくなってしまうのですが、キャビテーションの場合は、乳化された脂肪は排出をするためにマッサージ等の施しが必要になります。
体外に排出をするためには何もしないのは効果なしになってしまいます。
そこで、エステなどでは、キャビテーション後のアフターケアを徹底している所がほとんどです。
キャビテーション後は2時間以内にマッサージをしなければならないとされています。
キャビテーションを当てた部分の脂肪は乳化され。リンパに流すことが必要になります。
この行為を怠ると、乳化した脂肪はまた固まってしまうと言われています。
そこで、エステシャンの登場で、ハンドマッサージを徹底することから、エステでのキャビテーションが良いとされる点です。
デメリットとなるのは、そのマッサージが確かに、リンパに流れないことがあることで、痩身することができない点です。
キャビテーション後のマッサージはリンパマッサージをきちんと行い、それの効果をみなければ、脂肪吸引と同じ効果を得ることができないということです。
自宅でなかなか効果がでないという方は、エステのエステシャンの腕にかかっていると言えるでしょう。
デメリットといえば、これがデメリットです。