リトミックで磨かれる音楽センス!誰でもできる簡単な事


リトミックのレッスンは、音楽センスを培うとされています。
体を使って音楽を感じることで、想像力や表現力を養うものです。

 

同じ音楽を聴いて、同じダンスをするのではなく、思ったままの表現をします。
その時に、きちんと音楽を聴く力を養うとともに、心の思ったことを体で表現することを目的とします。

 

リトミックは、幼児教育に取り入れられることが多いです。
演奏技術だけではなく、芯から音楽を楽しみ、センスを磨くことで、個性を磨くことができます。

 

音楽センスを磨くだけではなく、音楽を楽しいと思うことで、喜びを味わい、コミュニケーション力も付きます。
同じ音楽で、それぞれが自分で感じた表現をすることで、自己実現の空間も確立することができるとされています。

 

幼児だけではなく、リトミックでは音楽を志すすべての方に適用されると言われています。
演奏技術を磨くだけではなく、そこに自己実現が加わることで、幅のある音楽を奏でることができます。

 

今親御さんに大人気!子供への習い事「リトミック」って知ってる?? - NAVER まとめ

 

これもセンスの問題でしょう。
人が聴いて心を打つかどうかは別として、音楽で自分を表現するには是非身に付けたいことでしょう。
リトミックを通じての音楽センスの向上と言うのは、誰でもできる事です。